ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【賃金】昨年度に引き続き、臨時的任用職員の給与上限を見直す! 

平成22年4月1日より臨時的任用職員の給与上限を2号給上げる。
■教育職給料表(二)1-67 266,500円→1-69 269,700円 (3,200円増)
■教育職給料表(三)1-67 264,600円→1-69 267,800円 (3,200円増)
■行政職給料表   1-37 191,600円→1-39 194,200円 (2,600円増)
■医療職給料表(二)1-43 205,000円→1-45 207,500円 (2,500円増)

( 2011/03/03 16:27 ) Category 要求・課題 権利・賃金 | TB(0) | CM(0)

【賃金カット】2/9 第2回賃金独自カット反対交渉行う 

2月9日「賃金独自カット反対」第2回交渉
賃金カット反対署名1万2400筆以上集まる!!

岐阜県教職員組合と組合連は、2月9日、賃金独自カットに関わる第2回県教委交渉を行いました。教育長も最後まで同席しました。
まず最初に「提示は到底受け入れられない」と組合の意思を表明しました。
交渉の中で主に以下の点を確認しました。

1.平成24年でアクションプランは終了する。それまでは無理をお願いしたい。
2.現場での仕事を減らすため、さらに見直しを進めていきたい。
3.2月18日にアクションプランについて行革課による説明を行う。
4.生活支援や長時間勤務縮減の問題についてさらに要請・懇談等を進める。

( 2011/02/10 11:49 ) Category 要求・課題 権利・賃金 | TB(0) | CM(1)

【賃金カット】2/9 第2回県教委交渉行います! 

2011年2月9日(木)16時より、教育長出席のもと、2回目の賃金カット交渉を行います。
参加できる方は15時45分に岐阜県庁2階ロビーにお集まり下さい!

賃金カット反対署名 1万1000筆を超えました(2/8現在)。
まだお手元にある方はお届け下さい。
交渉終了後も届いたものは、県教委・県知事に渡します。

◆署名用紙ダウンロード
http://www.usiwakamaru.or.jp/~gifkyoso/katudo/2011/01/2010_chingin_cut_no.pdf
( 2011/02/08 15:44 ) Category 要求・課題 権利・賃金 | TB(0) | CM(1)

【賃金カット】2/2緊急「賃金独自カット反対」交渉 

賃金カット反対署名6864筆提出!
(まだ間に合います!2/8までに書記局へ)
20110202賃金交渉
■組合連
この提案は到底受け入れられない!
検討の上、再提示を求める
■県教委
検討して回答します

*アクションプラン策定時には予想できなかったボーナス0.2月カットなどの賃金縮減があり、カット率を修正4%~5%とした。
*「平成24年度を持って『賃金独自カット』は終了する」と県知事も公言している。
*アクションプランの進捗状況については行革課が説明を行う予定。
*県立学校校長会・小中学校は所長会等で説明を行う。
*長時間勤務縮減については、今後も前向きに検討。
など



今後、教育長の出席も求め、第2回の交渉を持ちます。
日程は未定。参加可能であれば、ご連絡下さい。



20110202賃金カット反対署名提出

次回交渉に向けて、職場でできることは署名を集めること!
2/1「教育ぎふ」号外に署名用紙をつけて、本日発送!!
( 2011/02/02 16:52 ) Category 要求・課題 権利・賃金 | TB(0) | CM(0)

【賃金カット】新たな賃金削減提示 結局、負担変わらず! 

提示されたカット率は今年度より低いものの、昨年末の人事委勧告での月例給とボーナス0・2月カットを考慮すると、私たちの負担は全く代わりません!

●1月31日(月)、県教委より提示
1.非管理職4%~5%の給与抑制
※管理職については8%
2.給与抑制期間は2011年4月から2年間

●2月2日(水)11時~12時、緊急「賃金独自カット反対」交渉行う
【岐阜教組の方針】
1.提示内容を受け入れることは到底できない
2.再検討を求め、再度の回答を求める
3.教育長の出席も求める

( 2011/02/02 10:53 ) Category 要求・課題 権利・賃金 | TB(0) | CM(0)

【賃金カット】どこまで下げるつもり!?私たちの賃金~反対署名にご協力を 

岐阜県職員の給与水準全国44位に転落!!
(総務省調査、2010年4月1日現在)
賃金カット反対署名を集中させよう!

賃金カット反対署名用紙ダウンロードはこちら
○第一次締切 2011年1月28日
○第二次締切 2011年2月10日

岐阜県職員給与23位から44位へ
 総務省は昨年12月27日に2010年の地方公務員の給与実態調査の結果を公表しました。これによると、岐阜県職員の給与はラスパイレス指数(※)で全国44位(92・7、北海道と同率)にまで後退しました。2008年度は23位であったことから、賃金の独自カットが強行されたこの2年間で、岐阜県職員の給与水準はまさに急降下してしまいました。賃金の独自カットが、私たちの生活をますます脅かしていることが、数字の上でも明らかになりました。

※ラスパイレス指数
 各地方公務員の一般行政職の平均給与額を、職員の学歴別・経験年数別構成などが国と同一であると仮定し、国家公務員の平均給与額を100として算出した指数のこと。



昨年度は署名で1%押し返す!
 人事委員会勧告による一時金の0・2月削減と月例給削減の実施にともない、今年度は12月から3月までの独自カットがなくなりました(非管理職のみ)。12月分の給料が入った時、久しぶりに金銭的なゆとりを感じた人もいるのではないでしょうか。これが私たちの本来手にすべき給料の額とほぼ同額なのです。
 ところで、岐阜県行財政改革アクションプランは、2010年度から国体が開催される2012年度までの3年間、財源対策として最初から県職員の賃金カット分を盛り込んで作成されています。その際の削減率は7~8%を想定していますが、年度ごとに条例で決めることになっています。これは県の予算にかかわることですので、3月議会での議決が必要です。昨年度のとりくみでは、岐阜県教職員組合連絡会議(組合連)の1万筆を超える賃金カット反対署名を背景とした2度にわたる交渉を通して、県当局が提示した削減率を1%押し戻しました。

これからがまさに大きな山場!
 1月17日現在、県当局から来年度の削減率の提示はまだありませんが、近日中になされることは間違いありません。来年度の予算案が決まるのは2月中旬です。従って、これからがまさにとりくみの大きな山場と言えます。私たちの力で、1筆でも多くの賃金カット反対署名を組合連に集中させましょう。
( 2011/01/18 17:36 ) Category 要求・課題 権利・賃金 | TB(0) | CM(2)

【ニュース】岐阜県職員の給与水準、2010年4月現在で全国44位! 

総務省が2010年4月現在の給与水準を発表しました。

岐阜県は今年度は同率44位にまで後退しました。
ちなみに一昨年度は23位、昨年度は40位でした。
詳しくは総務省ホームページをごらんください。

■総務省(地方公務員の給与水準)
http://www.soumu.go.jp/iken/kyuyo.html
■総務省(都道府県のラスパイレス指数の状況(PDF))
http://www.soumu.go.jp/iken/pdf/01_3.pdf
( 2010/12/28 10:48 ) Category 要求・課題 権利・賃金 | TB(0) | CM(0)

【権利】今年の交渉で確認・前進・実現 

★ピックアップ★

●12月1日から、介護休暇に引き続く忌引きの場合、代替者の継続勤務が実現!
●休日の部活動公式試合の振替は検討。
●常勤講師の給与の頭打ち改善の検討を約束。
●「衛生講話に係る講師の派遣」を共済の新規事業として検討。
●「スリム化」を徹底したい(「スリム化」通知を再度出す)
●セクハラ・パワハラは一つずつ、つぶしたい。
●免許更新制、今後も負担軽減にとりくむ。
●来年度の少人数学級拡大、県教委としては中1で検討。


( 2010/12/13 15:30 ) Category 要求・課題 権利・賃金 | TB(0) | CM(0)

県教委に「平成22年度『職員の給与等に関する報告及び給与改定に関する勧告』に関わる当局提案に関わる質問書」提出 

岐阜県教職員組合は11月16日、岐阜県教育委員会・教育長に対し「平成22年度『職員の給与等に関する報告及び給与改定に関する勧告』に関わる当局提案に関わる質問書」を提出しました。これに関わる交渉は11月18日15時30分より行います。
( 2010/11/18 13:18 ) Category 要求・課題 権利・賃金 | TB(0) | CM(0)

11/10 人事委員会勧告に基づく当局提案 

11月10日、岐阜県当局は10月18日に知事に対して行われた給与改定に関する勧告に基づき、月例給、期末・勤勉手当、住居手当等の削減について組合に提示しました。

提案は、人事委員会勧告の完全実施(給料表を国に準じ引き下げ▲0.18%、期末・勤勉手当の支給割合の引き下げ▲0.2月・4.15月→3.95月、住居手当(3000円)の廃止など)を行うというもの。

12月の期末勤勉手当(3.95月)から以下の額(A+B)が減額されます。減額対象者は引き下げ改定が行われる給料月額又は経過措置額を受ける職員です。

A=4月給与額×調整率(▲0.23%)×4月~11月(8ヵ月)
B=6月期末勤勉手当額×調整率(▲0.23%)



また、4月から行われていた独自賃金カットは非管理職に対しては12月より行わないとしています。

校長・教頭・部主事 ▲12%→▲6%(12月より)
期末手当の役職加算が10%の者 ▲7%→なし(12月より)
上記以外の職員 ▲6%→なし(12月より)



現在、岐阜教組では一時金カット反対の唐傘連判状に取り組んでいるところです。提示は県議会で採択されて決定されます。私たちは県当局に対し教職員の「怒りの唐傘連判状」をつきつけ、賃下げの三重苦を押し返すよう奮闘します。
また、独自カットを12月より行わないとしていますが、いつまで「行わない」のか明示されておらず、予断を許しません。独自カットそのものが今後一切行われないよう、皆さんの声をお寄せ下さい。
( 2010/11/10 18:16 ) Category 要求・課題 権利・賃金 | TB(0) | CM(0)
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。