ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

11/10 人事委員会勧告に基づく当局提案 

11月10日、岐阜県当局は10月18日に知事に対して行われた給与改定に関する勧告に基づき、月例給、期末・勤勉手当、住居手当等の削減について組合に提示しました。

提案は、人事委員会勧告の完全実施(給料表を国に準じ引き下げ▲0.18%、期末・勤勉手当の支給割合の引き下げ▲0.2月・4.15月→3.95月、住居手当(3000円)の廃止など)を行うというもの。

12月の期末勤勉手当(3.95月)から以下の額(A+B)が減額されます。減額対象者は引き下げ改定が行われる給料月額又は経過措置額を受ける職員です。

A=4月給与額×調整率(▲0.23%)×4月~11月(8ヵ月)
B=6月期末勤勉手当額×調整率(▲0.23%)



また、4月から行われていた独自賃金カットは非管理職に対しては12月より行わないとしています。

校長・教頭・部主事 ▲12%→▲6%(12月より)
期末手当の役職加算が10%の者 ▲7%→なし(12月より)
上記以外の職員 ▲6%→なし(12月より)



現在、岐阜教組では一時金カット反対の唐傘連判状に取り組んでいるところです。提示は県議会で採択されて決定されます。私たちは県当局に対し教職員の「怒りの唐傘連判状」をつきつけ、賃下げの三重苦を押し返すよう奮闘します。
また、独自カットを12月より行わないとしていますが、いつまで「行わない」のか明示されておらず、予断を許しません。独自カットそのものが今後一切行われないよう、皆さんの声をお寄せ下さい。
スポンサーサイト
( 2010/11/10 18:16 ) Category 要求・課題 権利・賃金 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。