ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ほんりゅう】民主化途中 - 三浦 

 これほど世界と経済的に密接につながり、人的交流も頻繁になってきた国が、北朝鮮のような無茶苦茶なことはないだろうと思っていたが、見事に裏切られた。尖閣諸島問題とノーベル平和賞に関してである。▼10月8日、ノーベル賞を伝えるNHKもCNNも遮断され、劉暁波の3文字が入ったメールの送受信も中国国内では止められたと聞く。共産党の独裁を終わらせ、三権分立の民主政治を提案した人物を「国家政権転覆扇動罪」の罪人とし、それに平和賞を授与するというのは内政干渉であると言う。ダライ・ラマ14世に平和賞を授与された時から何ら成長がない。民主主義の成熟度はいかにも低い。世界第二位の経済大国という巨人の体をしていても、そのような状態では先進国から受け入れてはもらえないであろう。▼いくらネットやメディアで規制しても、これだけ交流を広げた国は、民意に戸は立てられない。遅かれ早かれ変革が訪れるだろう。中国共産党首脳部は権力にしがみつかず、ブータンの国王のように自ら民主化に道を開く勇気を持つべきだ。▼私たちの国も、普天間基地の問題でも米国の言いなりで国外移転の決定ができず、民主国家としてはまだまだか。▼民主主義の代表国家のように思われる米国でさえ、同じくノーベル平和賞を授けられた大統領をもってしても、相変わらず民意に反して戦争を続ける様は、まだまだ成熟した民主国家とは言い難い。▼これから民主化を押し進めるのは急激な手法ではなく、地道で息の長い草の根の活動であろう。ネット社会では小さな組織や個人でさえも世界に発信できる。▼そして、民主化を推し進める組織の一つが、私たち労働組合であることは間違いない。
スポンサーサイト
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/12/26 19:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。