ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ほんりゅう】「『核なき世界』の実現を」 - 三浦 

 今夏の65回目の原爆記念日は、国連事務総長、米・露・英・仏の代表が出席し、例年より前進したといえる記念日だった。国連事務総長の潘基文氏は、4日に早稲田大で講演し、「軍縮は難し過ぎる問題」「非現実的な目標」という人がいるが、私は核軍縮に向けた交渉を推進します、核兵器のない世界を実現する約束を守るために、と訴えた。▼英国のフィトン臨時代理大使は「被爆者の話を聞き、多くの人が原爆で傷ついたことが理解できた」と振り返り「(オバマ米大統領が掲げた)『核なき世界』という目標を英政府は支持する。だからこそ長崎と広島に来た」と述べた。▼フランスのレジェ臨時代理大使は「核軍縮、不拡散への意思を明確に示すためにここに来た。既に私たちは核兵器の生産を中止している」と強調。▼戦後65年、その間も各地で戦争が起きているが、核兵器は使用されていない。広島・長崎の訴えが、核兵器は使ってはならず、廃絶しなければならない兵器であると、主要核保有国を始め全世界に理解されてきたのだろう。▼米国では、ルース駐日大使の出席に反対の意見もあるが「戦争は是か非か、無差別大量破壊兵器の使用は是か非か」という観点にたってほしいと思う。▼平和記念式典に出席したほとんど全ての代表が核廃絶を訴える中、(核兵器の存在を前提とした)「核抑止力は必要だ」と言う、どこかの国の寝ぼけた首相にはあきれて物が言えない。▼唯一の被爆国が「世界からの核廃絶」にリーダーシップを取らずにどこの国が取るのか。顔を洗って出直してきてもらいたいものだ。
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。