ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ほんりゅう】給与があがらない世の中 

 先日、大垣西高校を約10年前に卒業した教え子の同窓会に参加した。30歳になろうとしている子たちが20~30人程度学年有志で集まった。当時の学年団の先生も5名集まって昔話に花が咲いた。▼話している中で、結婚しているのはこの学年で半分くらいということだった。この年齢ではそんなものかな~と思っていると、隣にいた男の教え子のA君がこんなことを言った。「僕はコンピューター会社の営業を8年続けてやっているんですけど、給料がほとんどあがらないんです。今○○万円もらっているんですけど、これで結婚して家庭を持てるのか不安です」▼B君は転職して塾の講師をやっているが「もうすぐこの塾はつぶれますよ」と冗談なのかわからない口調で言っていた。C君やDさんは海外へ行ったり、いろいろな仕事をしながら、新たに自営業を始めようとしているようだった。▼若者は自由に転職しているし、そういう働き方を求めているという論調もあるが、彼らとの会話の中では一生懸命自分にあう仕事を求めて頑張っているという印象だった。残念ながら今の社会はそういう彼らにこたえる仕事の魅力と頑張った代償としての給与が努力しても、もたらされにくい現実が横たわっているような気がした。▼そんな不安を彼らは表向きは表さず、あの10年前と変わらない笑顔で私たちと接してくれる。私は、その翌日の給与カット反対の県交渉で思わずしゃべっていた。「これから未来を生きる若者に労働にみあった、かつ家庭をもてる給与にするべきだ」(古山)
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。