ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【図書館司書部】司書の増員と、まともな昇格・昇進を 

*機械がやるんでしょ?
 学校司書の仕事をわかってもらうため、今年も、1日の仕事内容・流れがわかる写真や、展示の様子、作成しているブックリストや図書館だよりなどを展示し、説明しながら見ていただく時間を作りました。
 利用された後の書架整理であるべき所に本を戻してこそ蔵書検索が役立つことや、手作業で本の装備、ブッカー(本をカバーするフィルム)かけをしていること、定期的に蔵書点検を行い内容の古い本や破損した本を除籍、廃棄していることなど、外に見えない司書の仕事を少しはわかっていただけたでしょうか。(県教委側にはブッカーは機械でかけると思っていた方や、説明して初めて「そういう仕事もあるのか」という方も)

*4年間採用なし?
 今年、司書の採用試験は行われませんでした。しかも財政難のため3年間県職員の採用を停止するという動きもあります。ということは4年間司書は採用なし!?12学級以上の高校には正規司書が置かれるはずですが、現在5校が臨時職員です。今年度の定年退職は2人、今年度末に7人の欠員なのに、これがあと3年間続くことになるのです。
 学校司書の仕事は、経験による積み重ねがとても大切です。本の知識や教科の知識はもちろん、生徒への対応や、求めるものを探り出し、読む力にあった資料を提供するために、人間関係を作ることも必要です。少数職種だからこそ、ブランクがなく、採用年齢の上限を上げてほしいと要望しましたが、「人事委員会が決めることなので」という返事。冷たいです。

*司書が不祥事を起こしましたか?
 司書の昇任・昇格の遅れは、単に勤務成績のせいでは片づけられないほど顕著です。特に学校司書は、「何か(不祥事)やったせいでこんなに遅れたの?」と同じ行政職の人から聞かれるほど遅いのです。校長先生が昇任の推薦をしてくださっても、どこで、どうなっているのか開示請求はできないのです!!
 教育にもっとお金をかけて欲しいという要望には「同じ気持ちだ。努力しているが申し訳ない」と回答され、少しホッとした気持ちになりました。
スポンサーサイト
( 2009/11/11 18:00 ) Category 専門部 図書館司書部 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。