ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ほんりゅう】少人数学級 


◆小中の40人学級が達成されたのち、高校40人学級が始まったのは1991年。取り組んで2、3年経っていた「100万署名」(現「ゆきとどいた教育を求める署名」)の成果だと皆で大喜びした。
◆10年余前、その署名の担当執行委員となった。①30人以下学級の実現、②私学助成の拡充、③障害児教育の充実が署名の3本柱だったが、「30人以下学級」については全く成果が得られず、次の年にどう提起したらいいか悩んだ??
◆5年ほど後の県教委交渉でのこと。「県単独で30人以下学級を早期に実現すること」という要求項目に対して「厳しい財政事情の中で県として行うことは困難」との回答。それに対して意見を述べたところ、「30人以下学級にしても教員の創意工夫がないと変わらない。教員が楽したいだけではダメ」との答え。願いが伝わらないのは残念だった。
◆それから2、3年後、2005・2006年度で小学校一・二年の35人以下学級が始まった。毎年「ゆきとどいた教育を求める署名」を取り組むようになって15年以上が過ぎていた。
◆(小中の)少人数学級を全く行っていないのは東京都と国のみ。先の総選挙では、主な政党がすべて少人数学級実現を公約とした。今回、政権交代もあった。国が自らの責任で少人数学級を実現するよう、いつも以上に私たちの取り組みを強く大きくしたい。(岩佐)
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。