ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ほんりゅう】パン屋のお兄さん 

「こんにちは、パン屋の○○(店名)でーす」書記局の入り口で明るい声が響く。彼は、毎週一回、車に何種類ものパンを積んで、教育会館へ売りにやって来た。30代半ばであろうか、なかなかの好青年だ。値段は少々高めなのだが、ホイップあんパンは私と息子のお気に入りの一品だ。▼八月の終わりの週、彼はいつものように教育会館を訪れた。私もいつものようにパンを選ぼうとしていた…、その時。「実は僕、今日で最後なんです」と切り出した彼は、さらに言葉を続けた。「やっと固定給の仕事が見つかりました」彼がパンを積んで来る車も、ガソリン代も自分持ちなのだという。また、販売するパンは買い取りだということも、この時、初めて知った。▼「売れ残ったパンはどうしてるの?」と、私は思わずは尋ねていた。(これは愚問だった)「家に持ち帰って、家族で食べてます。でも、これからはそういうこともなくなります」▼おそらく結婚して、子どももいることだろう。食卓を囲んでパンを食べている様子が目に浮かんだ。そこでは、どんな会話をしていたのだろうか。そんなことを考えていると、胸に込み上げてくるものがあった。▼一年以上にわたって、毎週一回、必ずと言ってよいくらい顔を合わせていたのに、私は彼のことを何も知らなかった。いや、知ろうとしていなかったのだ。▼彼の新天地での成功を願わずにはいられない。彼との距離が、少しだけ近くなったような気がした。(村上)
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。