ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ほんりゅう】教員免許更新制のこと 

~全国教職員互助団体協議会(全教互)だよりを読んで~
互助組合の理事会に出た。互助組合とは「岐阜県教育の振興と教職員及び教育関係者の福利向上、生活の安定を図る」組織で、加入率は99%ほど。
▼会議の途中、手元にあった全教互だよりをひらいた。その情勢分析に目をひかれた。「…平成21年4月から、教職員互助団体の会員である教職員に大きな影響を与える教員免許更新制が実施されます。『教員の資質の向上』を目的とした教員免許更新制ですが、実施を前にさまざまな問題点が指摘されています。100万人を超える現職教員や非常勤教員等、教員免許更新制の対象者は毎年10万人を超えるといわれています。講習期間の選定や更新費用の自己負担など当該教員の問題だけでなく、約30時間の講習受講中における児童生徒への指導の問題などその影響は多方面に及びかねません。…」児童生徒への影響をも問題としている所がすばらしい。▼教員免許更新制は廃止すべきだが、少なくとも制度上􀂂 運用上の問題点の「つけ」を教員、教員免許所有者に負わせてはならないと考える。▼県教委は、受講対象者の講座申込状況の把握に努めているという。関係する全ての機関で、該当者の受講状況を確実に
把握し、受講もれなどあるようならば、すぐ対応できるよう条件整備をお願いしたい。また、本人にかかる負担を極力軽減することも同時に取り組んでもらいたい。(岩佐)
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。