ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

10/29県教委から県当局提案説明-昨年度の蛮行の繰り返し! 来年度から3年間倍額給与カットの「提案」 

来年度年間で独自カット分だけで一般職員平均約30万円カット!管理職平均約70万円カット!?

 10/29(木)16:00から県教委を通して県当局からの人事院勧告に関わる提案と、来年度からの給与独自カットの提案がありました。しかし、この提案は給与カットの額も問題ですが、提案のやり方においても昨年度同様、大変憤りを感じる言語道断の提案です。
 給与削減は古田知事がまたしても最初にマスコミへの提示をしている点、行財政改革の素案を組合や県民に出して意見を求めだした矢先に削減を提示している点、現場の教職員には充分わからない紙切れ1枚であたかも決まったように削減を提示している点など、長時間勤務までしてがんばっている教職員の気持ちを削ぐものです。

■来年度独自カットの提案(回答含む)
☆カットの理由は?
 →H22年度以降毎年300億円の財源不足。225億以上の財源不足の場合財政再生団体に陥る。県はH21年~24年を緊急財政再建期間と位置づけており、県職員にも給与抑制をお願いする。給与カッ トで県全体で年間86億円捻出する。
☆給与抑制率は? →H22年度から3年間、今年度の倍額削減。(管理  職12%、一般教員8%=ボーナス役職加算10%、一般教員7%=ボーナス役職加算5%、0%)
☆常勤講師はどうか? →含まれる
☆退職金への影響は? →現時点では関係ない
☆1年間毎の見直しは?→見直しはしない
県教委にも県当局からの詳しい説明なし
各学校も県当局からのA4、1枚の提示のみ

■人事委員会勧告完全実施の提案
10/8の岐阜県人事委員会勧告(例月給料0.15%引き下げ、ボーナス0.35月引き下げ)については勧告通り、若年層を除いて引き下げ実施。H21年12月1日より実施。今年度4~11月分は12月期末手当で減額調整。
勧告の実施により、一般職の給与独自カットは12月以降3月までは実施しない。
来年度は独自カットと勧告引き下げの二重カットです。

スポンサーサイト
( 2009/10/31 19:47 ) Category 要求・課題 権利・賃金 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。