ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

全教 mail news 2009年度 NO.21 教職員の長時間勤務解消!教育条件改善と法制度改正に向けてとりくもう! 

2009.10.05
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  全教 mail news 2009年度 NO.21     発行:全日本教職員組合
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
================================================================
教職員の長時間勤務解消!教育条件改善と法制度改正に向けてとりくもう!
================================================================

◆ラインナップ◆
【談話】2009/10/02 『京都市教組超勤訴訟の高裁判決について』 
【談話】2009/10/01 
『埼玉川口市、時間外勤務に関する措置要求の人事委員会判定取消裁判―東京高裁の不当判決に抗議する』 
【行動】2009/09/10 
追加の義捐金100万円をUNHCRへ――ミャンマーサイクロン被災支援
【お知らせ】クレスコ10月号
特集:「教員の地位勧告」を教育にいかそう――世界に広がるCEART勧告

================================================================
----------------------------------------------------------------
【談話】2009/10/02 『京都市教組超勤訴訟の高裁判決について』 
---------------------------------------------------------------- 
全教は、京都市教組の組合員9人が2004年に京都市を相手取り、過重な超過勤務の是正を求めていた裁判で、大阪高裁が3人の原告に対して損害賠償を認め、慰謝料の支払いを命じたことについて、北村書記長の談話を発表しました。 

 【 談話は コチラ! 】 
  http://www.zenkyo.biz/html/menu4/2009/20091005134432.html

----------------------------------------------------------------
【談話】2009/10/01 
『埼玉川口市、時間外勤務に関する措置要求の人事委員会判定取消裁判―東京高裁の不当判決に抗議する』 
---------------------------------------------------------------- 
全教は、教組川口市教組の時間外勤務に関する措置要求に対する人事委員会判定の取り消しを求めた裁判について、東京高裁が原告の請求を棄却する不当な判決を下したことについて、北村書記長の談話を発表しました。 

 【 談話は コチラ! 】 
  http://www.zenkyo.biz/html/menu4/2009/20091005125131.html

----------------------------------------------------------------
【行動】2009/09/10
追加の義捐金100万円をUNHCRへ――ミャンマーサイクロン被災支援
---------------------------------------------------------------- 
全教の山口隆委員長と北村佳久書記長は9月10日、日本UNHCR協会(UNHCR=国際難民高等弁務官事務所の公式支援窓口)を訪れ、08年5月に発生したミャンマーのサイクロン被災への追加の義捐金100万円を託しました。

 【 詳細は コチラ! 】 
  http://www.zenkyo.biz/html/menu3/2009/20090917121817.html


----------------------------------------------------------------
【お知らせ】クレスコ10月号
特集:「教員の地位勧告」を教育にいかそう――世界に広がるCEART勧告
----------------------------------------------------------------
本特集では、6月に開催された国際シンポジウムにパネラーとして参加した韓国・全教組のファン・ヒョンスさんの『CEART勧告は世界の教員へ送る希望のメッセージ』との一文を紹介。その中でファンさんは、CEART勧告を「歴史的な成果」と評価。民主教育研究所代表運営委員の堀尾輝久さんは、今回のCEART勧告は『教員の地位勧告が単に理念的に条理を示すものとしていかされるだけではなく、具体的で直接的な「勧告」として活用される先例を開いた』とし、教員の地位勧告から教師の仕事と子どもの権利を論じています。『教員の地位勧告』を教育にいかすために!――ご活用ください。

 【 『クレスコ』 10月号目次は コチラ! 】
  http://www.zenkyo.biz/html/menu7/2009/20090918140111.html
スポンサーサイト
( 2009/10/06 09:22 ) Category 共闘 全教・日高教 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。