ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【書籍紹介】『冬の兵士――イラク・アフガン帰還米兵が語る戦場の真実』 

書籍紹介
『冬の兵士――イラク・アフガン帰還米兵が語る戦場の真実』
200908書籍紹介
 2001年の9.11同時多発テロに端を発し、その直後の10月にアフガニスタンへの攻撃がされ、2003年3月にはイラク攻撃が始まったことは記憶に生々しい。嘘で塗り固められた口実で始められたこの戦争では、イラク人の犠牲者は数十万人とも言われ、米兵の戦死者も4000人を越え、今もイラクとアフガニスタンは混沌とした状態にある。米国のある若者は「テロリストと戦う」と愛国心に燃え、別の若者は貧困を逃れ大学進学の夢をかなえるためにこの戦争に志願兵として参加した。しかし、彼らが見つけたものは、イラクがアルカイダとつながっているとか、大量破壊兵器を持っているからだとする戦争の当初の目的がすべて嘘であったということだった。そして彼らを待ち受けていたものは、戦場の残忍な体験から発した心的外傷後ストレス障害PTSDの苦しみであった。昨年の米国議会の報告によれば、帰還兵の自殺者は年間平均6500人で戦死者をはるかに上回る凄まじさだ。このような中で「反戦イラク帰還兵の会」IVAWが結成され、現在1500名以上の帰還兵や現役兵士がこの会に加わっている。昨年3月に彼ら数百人は、メリーランド州シルバースプリング市に集まり、イラク・アフガニスタン戦争の実態を告白告発する「冬の兵士」証言集会を開催し、50人以上の帰還兵が勇気ある証言をした。主流メディアはこの集会を黙殺したが、米国国内ではその証言集Winter Soldier Iraq And Afghanistanが出版された。

 翻訳ボランティア市民グループ「平和をめざす翻訳者たち」TUP(http://www.tup-bulletin.org/http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/ )は、いち早くこの証言集に注目し、昨年10月に翻訳プロジェクトチームを立ち上げて、翻訳作業を進めた。私も英語教師として絶好の自主研修の機会だと考え、このプロジェクトに参加させてもらった。そしてこの8月6日に『冬の兵士――イラク・アフガン帰還米兵が語る戦場の真実』(岩波書店)として出版された。日本は現在、平和憲法を守るか否かの岐路に立たされている。戦争と平和の問題をリアルタイムで考える上で、何よりも一読してほしい翻訳本である。「反戦イラク帰還兵の会」のメンバーのひとりが言っている。「僕たちの敵は、政府や大企業の権力者たちではない。最大の敵は、アメリカ国民の無知と無関心とあきらめである」と。私たちはこれらの米軍兵士たちの言葉に耳を傾けずにはいられない。

羽島北高校 岩間龍男

冬の兵士 イラク・アフガン帰還米兵が語る戦場の真実
反戦イラク帰還兵の会,アーロン・グランツ/TUP訳
200908書籍紹介

出版:岩波書店
発行:2009年8月6日

書籍の訳者紹介から

TUP: Translators United for Peace(平和をめざす翻訳者たち)

TUP 結成は2003 年.市民反戦運動の一つの形態として海外ニュース翻訳(主に英語)や論説活動をTUP 速報として配信し続けてきた.「冬の兵士」公聴会はマスコミからは無視されたが,独立メディア運動を率いるパシフィカ・ネットワークが全米に同時中継.ほ どなく『デモクラシーナウ! ジャパン』でも放送されることになり,その字幕作りを担当したのがTUP と「冬の兵士」との出会いである.同年7 月4 日に,TUP 速報で「冬の兵士」シリーズの配信を開始.緊急出版された証言集の翻訳も担当することになり,20 名が取り組んだ.

翻訳:荒井雅子,安濃一樹,岩間龍男,川井孝子,金克美,佐野真紀,シェンケンフェルダー喜子,寺尾光身,萩谷良,パンタ笛吹,樋口淳子,福永克紀,宮前ゆかり,向井真澄,村津蘭,山根美緒
校閲:藤澤みどり
アラビア語アラブ文化監修:岡真理
軍事用語監修:山崎久隆
運営協力:坂野正明

スポンサーサイト
( 2009/08/03 11:04 ) Category 教育ぎふ 記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。