ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ほんりゅう】骨のロックンローラー逝く 

 GW中に忌野清志郎さんの訃報が伝えられた。彼の大ファンというわけではないが、気になる存在であった。代表曲の「雨上がりの夜空に」はカラオケのレパートリーの一つだ。▼彼は反戦や反原発などのメッセージを発してきた。コンサートでは「ジョン・レノンの歌みたいな憲法九条を世界中に自慢しよう」とアピールした。▼今から二〇年ほど前、彼がTHE TIMERSという覆面バンドを結成して活動していた時期がある。ちょうど昭和天皇が死去したころであった。このバンドのアルバムに「カブリオーレ」という曲が収録されている。歌い出しは次の通りである。(ちなみにメロディは「ブラームスの子守唄」)「足の速いカブリオーレ/さすがのお前も今日は走れない/すべてのハイウェイ閉ざされて/誰かが年老いて死んだという/国をあげてのお葬式の日は/彼女のトラックも走れない/やだなーやだなーやだやだやだなー」▼昭和天皇が病床に着くやいなや、世の中には自粛ムードが押しつけられた。(井上陽水出演のCMでは「お元気ですか?」という音声が口パクになった)この曲は私の胸のつかえを、少しはおろしてくれたような気がした。「忌野清志郎、なかなかやるなあ」と感心した。▼反骨の、それもかなり骨太の一人のロックンローラーが急ぎ足で時代を駆け抜けて行った。(村上)
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。