ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【東濃西】6/6定期大会記念講演「学ぶ楽しさ、すばらしさ-生きる力を支え、励ます学び-」 

学ぶ楽しさ、すばらしさ-生きる力を支え、励ます学び-
東濃西支部 記念講演

 教師がしんどい時代といわれています。多忙を初めとして、さまざまな問題があるからです。でも、それだけでしょうか。私たちは、教育の本質=子どもたちの笑顔、子どもたちの役に立ったときの喜びをどこかに置き忘れてきてしまっているんじゃないでしょうか。

 このたび、見城慶和先生をお招きし、お話を聞けることになりました。先生のお話で、「魂の技師」として、もう一度、教師のありようを考えることができないかなあと思っています。

 悩んでいる、私とあなたのための講演会です。

 一緒に、「そうかあ」と思っていただければ、幸いです


○とき 2009年6月6日(土) 13:00~(午前中は支部定期大会)
○ところ ウェルフェアー土岐(土岐市下石町)
○講演「学ぶ楽しさ、すばらしさ-生きる力を支え、励ます学び-」
○講師 見城慶和先生
1937年群馬県沼田市生まれ。東京学芸大学卒。
1961年から42年間,都内の公立中学校夜間部に勤務。国語担当.
長年の実績が評価され、1999年に吉川英治文化賞受賞。
山田洋次監督・映画『学校』(第1作)の主人公のモデルの一人。
2003年定年退職後もなお、夜間中学生を中心にした学びの場「えんぴつの会」を運営している。
映画『こんばんは』の製作のもととなった「夜間中学校の記録映画の製作を支える会」の世話人代表。
児童言語研究会・国字問題研究会(漢字指導法研究会)などに所属.
国字問題研究会前委員長.
国字研の漢字精選案検討にかかわる. 語イ指導・漢字指導の論文多数.
見城慶和先生の紹介(人間教師としてだけでなく、国語教育の実践家としてもすごい人です)


○入場無料。記念講演はどなたでも参加可能
スポンサーサイト
( 2009/06/03 17:00 ) Category イベント・行事 支部 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。