ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

公務労組連絡会FAXニュ-ス 2009年4月9日 NO.779 全労連民間部会が一時金引き下げ反対のアピール発表 

公務労組連絡会FAXニュ-ス 2009年4月9日 NO.779

全労連民間部会が一時金引き下げ反対のアピール発表

= ルールなき特別調査・議員立法阻止へ官民の共同を呼びかけ =
 全労連民間部会は8日、公務員一時金削減に反対して、「アピール」を発表しました。

 アピールでは、今回の人事院や与党の動きが、現在、たたかいの最中にある民間中小組合の労使交渉に否定的な影響をあたえることや、政治的な目的を背景にしてこれまでのルールを無視した攻撃であることから、断じて認められず、民間・公務の共同をひろげてたたかう決意を明らかにしています(別掲)。

 こうした民間の仲間からの熱いメッセージを受け、理不尽な攻撃阻止へ職場や地域からたたかいを急速に強めていきましょう。

景気回復をめざす流れに逆行、ルール破りの公務員一時金カットに反対します(アピール)

2009年4月8日
全労連民間部会幹事会

 自民・公明の与党は、今年の夏の国家公務員の一時金を引き下げるために、議員立法で法案の今国会提出をねらっています。そして、人事院も、臨時の給与勧告を視野に、民間企業2,700社を対象にした特別調査を開始しました。

 未曾有の経済危機を背景に、今春闘では、民間大手組合では、ベア・ゼロや定期昇給の凍結などの結果となっています。一時金も大幅にダウンしています。こうした厳しい賃下げ攻撃をはね返すため、現在、民間部会に結集する各組合の奮闘がつづいています。

 今この時期に公務員の一時金を引き下げをねらうことは、次のような点で断じて認められません。

 第一に、現在もたたかいを継続している民間中小組合の労使交渉の行方に影響し、賃下げの圧力が強まることです。賃下げは、景気の悪化にもつながります。いま、麻生内閣が、「定額給付金」という方法をとってまで消費拡大をはかろうとしていますが、個人消費を伸ばすためには労働者の賃上げこそ必要です。公務員の一時金引き下げは、麻生内閣の「景気対策」とも逆行します。

 第二に、「公務員バッシング」で国民からの支持獲得という、明らかに選挙目当ての与党の思惑に沿って、ルールを無視したやり方をゴリ押ししようとしていることです。当然ながら、与党による議員立法は、公務員の労働基本権制約の代償措置としての人事院勧告制度とはあいいれません。それに迎合した人事院の「特別調査」も前代未聞です。ルールを破って、公務員賃金を政治の道具に利用することは認められません。

 雇用情勢は改善する兆しさえ見せず、2月の完全失業率は4.4%、有効求人倍率は9か月連続で下がり続けています。厚生労働省が3月末に発表した非正規雇用の失職者は19万人を超えました。

 こうしたなか、派遣労働者への置き換え、賃下げと下請けいじめでため込んだ膨大な内部留保を、労働者救済のために回そうとしない財界・大企業の横暴を追及することこそ、政治の役割です。私たち民間労働者は、与党の議員立法に反対し、人事院の特別調査の即時中止を求めます。

 全労連民間部会は、公務労働者のたたかいと固く連帯し、民間・公務、正規・非正規を問わず、すべての労働者の賃金底上げへ、民間・公務の共同をひろげてたたかう決意です。

以 上


(参考)
 全労連民間部会は、1993年3月に結成、現在、以下の組合が正式加盟している。
日本医労連、建交労、自交総連、生協労連、JMIU、全印総連、全国一般、金融労連、福祉保育労、通信労組、映演労連、検数労連、民放労連、映産労、繊維産労
スポンサーサイト
( 2009/04/10 09:37 ) Category 共闘 公務労組連 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。