ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【岐阜】2/8ぎふ教育集会・競争やめたら学力世界一~フィンランドの教育とは~ 

福田誠治さんの講演
競争やめたら学力世界一~フィンランドの教育とは~

全国一斉学力テストなんてほんとにばかげている!
 それが、 はっきり分かった集会でした。 岐阜市北部コミュニティセンターで参加者約二〇〇名、 講演資料が足りなくなり嬉しい悲鳴でした。
講演の要旨
*PISA (※) が明らかにした日本の子どもたちの弱点は、 『様々な科学分野にわたりすばらしい知識基盤を備えているが、 初めて出会う状況では、 知っている事から類推し知識を応用することが苦手』 ということである。
*日本の子どもたちは、 テストの点はとてもいい。 決して点数は悪くはないのに…
1.自信がない。 勉強が嫌い。 意欲がない。
2.将来に夢がない。 (科学者になりたい!など)
3.様々な情報の中の何が正しいか見つけられない。
*子どもたちにつけたい学力は、 決して暗記ではない。 暗記できるようなことは、 すぐ時代遅れになる。 新しい情報は、 コンピューターから出せばいい。 その方が正確だ。 子どもたちに必要なのは、 状況によって臨機応変に考えられる力である。 幅広い事柄に適応する能力と物事を批判する力である。
*しかし、 全国一斉学力テストは、 暗記した事柄を計る。 いくらB問題 (発展問題) を練習させても、 生活の中で使える生きた力にはならない。
*テスト競争で成績管理をすると、 半分の子はやる気をなくす。 それは、 いくら少人数学級で手厚く指導しても同じことである。
(イギリスの例で説明)
*フィンランドの教師は、 子どもが考えるのを手助けするだけである。 答を教えるのではなく、 子どもたちが実体験の中から見つけだし考えるのを待っている。 *学力が低下したからと、 授業数を増やし、 総合学習を減らす日本のやり方は逆効果である。

フィンランドの教育をみんなで学びたい!
 フィンランドの教育行政の目的は、 『一人たりとも落ちこぼしをつくらない』 であり、 学力差・学校間格差がほとんどない。 また、
『先生たちは、 子どもに勉強を強制しないで、 子どもたちの学びを大切にする』 『先生たちには、 良い授業づくりに専念できる環境がある』 『親も行政も先生を尊敬し先生に期待し、 先生のすることを援助しようとしている』 フィンランドでは、 これが当たり前。
(日本もこんな風になるといいな。そうしなければ!)
 また、 たいていどの家庭でも五時になれば家族がそろい、 夕食後はしっかりと時間をかけて親が 「本の読み語り」 をする。 フィンランド人は本が大好き。  
 このように、 フィンランドの子どもたちの学力が高いのには、 ちゃんと訳があったのです。
 日本の文科省は最悪です。 教育行政の責任は棚に上げ、 あたかも教師と子ども・親が悪いかのように言い、 世界ではもう時代遅れになった 「学力」 (詰め込み) に力を入れようとしているのですから。

もっともっとまわりを見て、 政治を変えなければ!

 この日の午前中におこなわれた母親大会の分科会でも、 教育の問題だけではなく、 平和・医療介護・食の安全安心・公共交通など、 私たちのまわりの様々な問題が議論されました。 今、 どこを向いても不安なことばかりです。 不安どころか、 実際に人間らしく生きられなくなっています。 みんなで集まって話し合い考えれば考える程、 政治のおかしさが浮き彫りになってきます。
今の政治は悪すぎます。
みんなで助け合って豊かに生きていける社会をつくらない限り、 子どもたちに未来を語れません。
子どもたちに夢と希望を持って欲しい!
 子どもたちにのびのびと学んで欲しい!
 どの子も楽しく有意義な学校生活を送って欲しい!
 私たちの願いを実現するために、 学び、 語り、 みんなで手を取り合って行動していきましょう。

※OECDによる国際的な生徒の学習到達度調査のこと。(Programme for International Student Assessmentの略) OECD加盟国の多くで義務教育の修了段階にある15歳の生徒を対象に、 読解力、 数学的リテラシー、 科学的リテラシー、 問題解決を調査するもの。

スポンサーサイト
( 2009/03/18 11:26 ) Category イベント・行事 支部 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。