ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ほんりゅう】言葉の重み 

 トヨタ自動車が期間従業員を9月までの半年間で約2割削減。関連会社も期間従業員や派遣社員削減。キヤノンも子会社で非正規社員を千人規模で削減。いすゞ自動車も期間従業員や派遣社員約400人削減。
▼あいつぐ大企業の「派遣切り」に反対する緊急集会が12月4日の夜、東京の日比谷野外音楽堂で行われました。この集会は明くる日のNHKニュースや朝日新聞1面などマスコミも注目してとりあげました。集会の中で解雇された各会社の期間従業員や派遣社員が発言。「解雇しないでください」絞り出すようなわずかな言葉ですが、重い言葉の連続でした。▼この集会は労働者派遣法が最終的に製造業にまで拡大された規制緩和政策が、今の「派遣切り」につながっている構造的な要因を問題にし、直ちに労働者派遣法を改正し、「派遣切り」にあっている人に対する緊急対策を求めています。集会の中で野党の代表も労働者派遣法について発言しました。M党「派遣法に賛成した時はこのような事態になるとは思いませんでした。まだ党内で調整中ですが改正のために努力します」K党「大企業は空前の利益を内部留保で持ちながら解雇している。絶対に許されない」S党「解雇にたいする相談電話を開設。本当に深刻です」KS党「派遣は新しい雇用形態として最初は注目されるものでした。もとの理想の形に戻しましょう」労働者派遣法成立時に反対したのはこの中のひとつの政党だけでした。そこには軽い言葉と重い言葉があるような気がします。 (古山)
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。