ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【組合連】岐阜県人事委員会と交渉行う (6/20)  

修学旅行で時間外勤務を命じれば、 割り振り変更などの適切な配慮を

 6月20日、 岐阜県教職員組合連絡会議 (揖斐郡教組・岐阜教組・高山市教組・飛騨市教組・養老郡教組、 以下 「組合連」) は県庁にて人事委員会 (以下 「人事委」) と交渉を行いました。 人事委は労働者の立場にも配慮し、 県教委を指導する立場にあると強く主張しました。 1、 修学旅行の割り振り変更や自己負担の現状を訴える

(組合連) 修学旅行は計画的な学校行事として、 割り振り変更を要求。 また、 修学旅行中の夜間観劇費用は教員の自己負担となっている実情を訴えた。
(人事委) 修学旅行の引率指導業務は大変な業務であると認識しつつも、 「公立の義務教育諸学校等の教育職員を正規の勤務時間を超えて勤務させる場合等の基準を定める政令」 により、 例外的に時間外勤務を命じ得るものの一つであるとして、 割り振り変更はできないとした。
 簡単に言えば、 修学旅行は例外的に時間外勤務を命じ得るもので、 給特法の緊急、 やむをえない限定四項目と同じ扱いになるということらしい。 しかし、 それなら時間外勤務を命じれば、 適切な配慮をしなければならない。 他県では実際に割り振り変更をしている県もある。 任命権者である県教委は、 週休日に勤務した場合のみ振替できるものとしているので、 今後、 費用自己負担の問題とあわせて任命権者である県教委との交渉で詰めていく。



2、 三名の教職員の勤務記録を提示し、 実態を訴える

(組合連) 月にすればおよそ六〇時間以上の時間外勤務がある実態を出し、 勤務管理の必要性などを訴えた。
(人事委) 人事委課長も妻が小学校教諭で、 文書業務で毎晩九時に帰宅するという事で同様の認識を持っているそうだ。 このような現状は憂慮しているということである。



3、 講師経験で採用試験一次免除を!

(組合連) 講師が勤務をしながら教員採用試験との両立をしている現状を訴え、 講師経験を考慮して一次免除ができるようなしくみを作るよう訴えた。
(人事委) 教育委員会の所管事項であるので、 要望の趣旨を伝えるとした。
 昨年度の人事院勧告でも、 非常勤職員の位置づけについては検討事項としており、 県人事委員会としても実態を把握するべきとさらに訴えた。

スポンサーサイト
( 2008/07/04 12:57 ) Category 要求・課題 権利・賃金 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。