ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【事務職員部】人事給与システムは改善を要望する 

11月12日に行った事務職員部と県教委との交渉の様子をお知らせします。  今、 私たち事務職員と学校長を一番悩ませているのは、 昨年度より始まった新人事給与システムです。
今年度からは旅費も財務システム入力となりました。
 ところが、 発展途上のシステムなのかトラブルや、 修正作業の最中にもかかわらず、 入力方法の変更がひっきりなしに続き、 現場は事務職員も校長さんも対応に振り回されています。 十二月からは出勤簿がパソコン処理になりましたが、 この調子で本当に県下全部の学校が入力出来るのか、 不安に思っている事務職員は少なくありません。
今回の交渉では、 こういった現場の状況を知ってもらう事に重点を置いたうえで、 稼働時間の延長、 土日の入力の必要性等を要望した。 特に学校行事に伴う勤務の振替で、 代休日を登録する際に、 一人一人のデータ登録に時間がかかり、 大規模校のみならず現場では大変困っている事を説明したところ、 改善を要望する旨回答がありました。
また、 事務職員の配置について、 今年度より東濃で新たに兼務校が発生したこともあり、 全校配置、 兼務校の廃止を要望したが、 標準法では十二校配置できないことになるが、 事務職員は学校にとって大変重要な職種だと認識しているので、 強化対応加配等 (今年度八人) で無配置校を減らす努力をしているとの回答に留まった。
昇任昇格について、 以前は課長補佐になると個人差はあってもいずれ五級になっていたが、 課長補佐になっても五級に昇任しない事例が出てきていることに対し、 具体的な回答は引き出せなかった。
 昨年まであった、 六級の事務職員は今年はゼロになったそうだ。 四級止まりの思惑も見え、 学校運営に重要な職種だといいながら、 見合った処遇では無い事を今後も追求が必要だ。
スポンサーサイト
( 2007/12/18 13:58 ) Category 専門部 事務職員部 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。