ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

岐阜県の 「新しい勤務評価」 Q&A 

岐阜県の 「新しい勤務評価」 Q&A

Q 調整者とはどういう人?

被評価者が一般教諭の場合、 校長・教頭の評価が妥当か、 検証する人です。 これは、
結局、 管理職の評価を修正することができるわけで、 賃金リンクに移行された場合、 相対評価でそれぞれの評価の数を調整する役目になります。 管理職がみんなに良い評価をつけられないしくみになっています。

以下続きます。 Q 評価者、 被評価者は誰?

評価者及び調整者

被評価者→第一次評価者→第二次評価者→第三次評価者

校長→市町村教育委員会・教職員人事所管課長→市町村教育委員会・教育長→(教育事務所長)

教頭・部主事→校長→市町村教育委員会・教職員人事所管課長→市町村教育委員会・教育長

教諭・養護教諭・栄養教諭・任用の期限を付さない常勤講師
事務職員・学校栄養職員→教頭→校長→市町村教育委員会・教育長



Q 評価基準はどうなってるの?

 一般教諭の場合は学習指導・生徒指導・経営、 分掌の3分野でそれぞれ能力・意欲、 態度・実績の観点で細かい項目に従って評価されます。 しかし、 実際は授業見学でしか管理職は評価できないのではないでしょうか。

Q 評価の段階はどうなってるの?

 従来の勤評の3段階からSABCDの5段階になりました。 S:特に優れている、 A:優れている、 B:良好、 C:努力を期待する、 D:一層の努力を期待する、 となっています。

Q 評価に対する意見の申し立てはできるの?

 成績開示があってから15日以内に申立書を校長を通じて教育委員会に提出します。 教育委員会はこれを審査し、 評価者・被評価者から事情聴取し、 (必要あれば第3者からも) 評価結果が妥当かどうかを決定します。 妥当ではない場合、 再評価をします。 (校長を通じてなので非常に言いにくくなっています。 時には第3者の同伴が必用ではないでしょうか)

Q 評価開示はどのように行われるの?

 11/1~11/30までの期間に、 被評価者本人から開示請求があった場合のみ、 校長が第2次評価者の 「総合評価」 の部分を 「口頭で伝える」 ことで行います。 文書開示ではありません。

Q 自己啓発面談はなぜやるの?

 評価結果のフィードバック機能として面談で定期的に指導助言するためにとなっていますが、 定期的にやることは現場では難しく、 また結局管理職の評価を納得させるために行うものと言えます。

Q 評価する対象の期間はいつなの?

 今年度の試行は前年の91から今年の1031です。 H20年以降は前年の111からその年の1031までです。 (年度がまたがっているのは、 従来の勤務評価に従ったとありますが、 事務上の手続きのためであり、 評価制度にこだわらなければ、 年度ごとに評価できることです。 また、 1月を昇給日にしているので、 それに将来反映させるためです)
スポンサーサイト
( 2007/11/21 10:11 ) Category 要求・課題 権利・賃金 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。