ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【学習会】長良川河口ぜきゲート閉鎖満12年・市民集会 

長良川河口ぜきのゲートを開放せよ ゲート閉鎖満12年・市民集会


●とき 2007年7月1日(日曜日)午後2時~午後4時
●会場 岐阜市民会館 2階大集会室
●参加費 500円(資料代)
 1995年7月6日に長良川河口ぜきのゲートが全面閉鎖されて満12年を迎えます。建設の主目的であった工業用水はいまだに一滴も売れていません。そのため当局は愛知県知多地方にむりやり上水を供給しています。利水計画は完全に破たんしています。治水上もあの巨大なせきは増水時危険な障害物となっています。
 長良川の環境悪化も深刻です。天然アユやサツキマスはほとんどいなくなりました。「せめて天然アユがそ上、降下する時期にゲートを開放せよ」これが釣り人や旅館・料理店などの観光業をはじめ関係住民・県民・市民の切実な願いです。「いまからでも遅くない」。ゲート開放を求めて次のような市民集会を開きます。どうかお気軽にご参加下さい。

●基調講演:山内克典岐阜大学名誉教授(動物生態学)長良川下流域生物相調査団長

講師の山内先生は、「地域と環境問題」を論じ、1960年代より長良川河口堰の問題に関わってこられ、この問題のバイブルといわれた「長良川」(三共出版)の執筆の一人です。今年3月の岐阜大学の最終講義ではその研究成果の総括ともいうべきいくつかの問題点を指摘されました。今回はそれをより補完した問題提起があります。

●現地からの特別発言
・河口堰がある桑名市長島町から
・強制的に河口堰の水を飲まされている愛知県半田市から
・長良川流域の漁協関係者、アユの釣り師から

*報告・特別発言の後、自由討論を行います。(終了は午後4時前後)

●主催:河口堰に反対し、長良川を守る岐阜県民の会
岐阜市美江寺町2-1 県教育会館内
(電話/FAX 058-233-3136 運営委員長・加藤)
スポンサーサイト
( 2007/06/26 09:19 ) Category イベント・行事 その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。