ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【報告】子育て教育のつどいin西濃&第14回西濃子どもと教育フェスティバル 

子育て教育のつどいin西濃&第14回西濃子どもと教育フェスティバル

 今年度の 「子育て教育のつどい」 (2007年2月3日~4日)は、 西濃地域の親を中心に開催されてきた 「第十四回西濃子どもと教育フェスティバル」 とかねて行われました。 一日目は西濃地域での教育・子育て活動をまとめた写真映像で参加者を迎え、 西濃地域の親や子どもたち、 教師などがそれぞれ教育を語るリレートークを行いました。 続いて辛淑玉さんの 「子どもと教育 人権と平和 つながりあうこと」 をテーマに記念講演が行われました。
 二日目は十七のテーマ別分科会で討論・学習を行いました。
 二日間でのべ七〇〇人の教職員・親・子どもたちが参加し、 大いに学び交流することができました。 記念講演 (要 旨)

子どもと教育人権と平和つながりあうこと 辛淑玉さん

弱い者いじめの国、 日本

  「びんぼう子だくさん」 と聞いて何をイメージしますか? (ステージを下りて聴衆にインタビュー。 「ちゃぶ台」 「昭和初期」 「肝っ玉母さん」 などの声)
 公務員としては、 そこで 『性暴力』 を思い浮かべて欲しい。 夫が避妊をしない、 欲求のはけ口が妻に向かうなどの問題がそこから浮かび上がります。
  「友だちがいじめられたらどうする?」 という質問に、子どもが「助けない」 と答えたとします。 多くの先生はそれに対して 「自分がいじめられたらどう思う?その人の気持ちになって考えて」 と指導するという意見が多くありました。 いじめられている子を 「助けない」 と答えた時点でもうその子自身がいじめを受けているなどの問題があるのではないでしょうか。
 いじめ事件が多発したとき、 大臣がいじめに対するメッセージを出しましたが、 文章を読んでいるだけで自分の言葉で語っていないような気がしました。 組織に対するいいわけに過ぎません。
 石原都知事が、 自殺する子に対して 「甘ったれている」 「ファイティングスピリットがない」 などと発言しました。 これは 「強姦されている女が悪い。 もっと抵抗しろ」 と言っているのと同じです。
 私にはアメリカで不動産会社を経営する脳性麻痺の友人がいます。 その友人は、 「日本では、 自分が障害者であることを自覚させられる」 と話していました。
 日本では小学校入学時に就学時検診があり、 障害者は障害児学級や養護学校にはいるように指導されます。 私は障害者と健常者は一緒に学ぶべきだと思います。

政治は弱者救済であるべき

 経済は弱肉強食の世界です。 経済が弱肉強食なら、 政治は弱者救済でなくてはなりません。 しかし、 日本は 「強いものに巻かれる」 ことを教えられています。 高校入試は高校に入れる子と入れない子を選別して、 人を踏みつけることを教えているようなものだと思います。
 インターネット上では今、 外国人、 女性、 障害者などの弱者、 公務員などがたたかれています。 たたいているのは、 高学歴、 若い男性、 しかし貧しい、 などの特徴がある、 いわゆる 「無党派層」 と呼ばれる人々の一部です。 厳しい立場に立たされている者が、 より弱者をたたくことで優越感を持ち、 その結果、 国民同士が分断されているのです。 「愛国心」 をことさらに叫ぶことでそれを増長することができます。
  「女は子どもを産む機械」 と発言した大臣がいましたが、 歴史に対する無知、 人間に対する冒涜です。 女が機械なら子どもはただの数、 男は鉄砲の弾にすぎません。 国家主義、 全体主義の考え方です。

声を出し、 抑圧と戦おう

 前の大戦中、 国民はだまし、 だまされあっていました。 「だまされていた」 と言って責任逃れをしていてはだめです。 そんな人はまただまされます。
 自分の主張をはっきりさせ、 声を出していくことが大切です。 フランスや韓国の芸能スターは政治的な発言もし、 デモにだって参加しています。
 イラク人質事件 (香田さん) で私は国会で自衛隊撤退を主張したが受け入れられませんでした。 香田さんを殺したのは自分であると自戒しています。 日本は、 もうすでに戦争を始めていると同じ状態なのです。
 弱いものをたたいて優越感を持ち、 だまされるのではなく、 みんなで共同して強いものとけんかをしていきましょう。 国家は弱いものを抑圧しています。 抑圧と闘っていきましょう。
スポンサーサイト
( 2007/03/12 17:09 ) Category イベント・行事 岐阜教組 | TB(0) | CM(1)
はじめまして

突然のコメント失礼致します。

私のサイトで、こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

http://babyif.blog96.fc2.com/blog-entry-14.html
[ 2007/03/13 02:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。