ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【県教委交渉】時間外勤務は限定4項目に限り、 むやみに命じるものではない 

時間外勤務は限定4項目に限り、 むやみに命じるものではない

岐阜教組「要求書」はこちら ○=岐阜教組  ●=県教委

裏金の返還金は子どもと教育のために

○裏金の経緯を説明し、 疑問に答えること。
●県教委も独自調査し、 謝罪し説明もしている。 校長からPTAに中学校では校長から生徒に説明。 県議会の冒頭でも謝罪した。 教員は関わっていないが高校、 県立学校の校長が七十七人戒告。 不正資金の隠蔽、 内部告発もなされていないので地公法に基づく処分。 教育委員会分が三六〇〇万円あり、 返還は校長にも及ぶ。
 裏金問題で一律処分は疑問がある。 全く関係のない学校司書の一部も処分されている。 学校でも作られていたのであり、 その内容を説明すべきではないかと思う。 裏金十九億円を子どもと教育のために使うという提言もあり、 それに期待する。

近県は全て一律支給の地域手当

○ 「同一労働同一賃金」 を基本に地域手当の一律支給をすること。
●近県では一律もあるが、 民間との地域間格差をなくすために地域手当はある。
○査定昇給制度について懇談の機会を作ること
●いろんな方面の意見を聞く。 知事部局でもまだ明らかになっていない。
○退職手当 「調整額」 の評価について評価基準などを明らかにすること。 勤続二十五年以上の教諭は 「第五号」 以上を適用すること。
●総務省案より有利になっている。 二十七年以上で第六号、 三十四年で第五号だから定年まで勤めれば同じである。
 地域手当の一律支給は、 長野、 愛知、 三重、 静岡など東海地方すべてで行われている。 県教委も認識しているが、 差別支給を撤回しようとしない。
 退職手当 「調整額」 も近県より低い水準になっているが、 総務省案より有利と逃げる。 ところが文部科学省案よりは低いのである。 管理職のみを優遇する制度では職場の不団結を生み出すだけだ。

時間外勤務は限定四項目に限る

○病気休暇・休職の実態は。
●休暇は昨年一〇三人、 今年八十一人。 休職は昨年四十四人、 今年四十五人と変化はない。 年休の取得も変化はない。
○早期退職者が多いが原因究明をすること。
●二三五人中定年退職者三十八人で16・2%。 早期退職は本人の希望。
○教職調整額の4%は 「残業手当」 ではないことの指導を徹底すること。
●教職調整額は教員の勤務の特殊性により支給されるもので勤務の実態に関わらない。 時間外勤務は限定四項目に限り、 それもむやみに命じないもので学校で配慮されている。
 病休者の数が変化がないことが問題ではない。 多いことが問題なのにその認識がないことに愕然とする。 しかも、 早期退職は本人の希望と言うがなぜ希望してまでも早くやめたいのかが全く分かっていない。 本当は、 最後まで子どもたちと一緒にいたいのが教職員ではないのか。 この認識を変えない限り、 病休者も早期退職者も減らないであろう。

臨時教職員は捨て駒か

○高校の教職員の充足数を標準法に照らして明らかにすること
●標準法では一〇〇%に達していないが、 より多くの非常勤職員で柔軟に対応している。
○長期休業中の自主研修を奨励すること。
●学校長が判断して適切に行う。 教育公務員は研修が定められているのでそれを尊重する。
○高校必修科目の未履修問題の対策を明らかにすること
●公立高校十一校で未履修があったので文部科学省の指導に従う。 二月中には補習を行う。
○いじめ問題克服のため実態把握を行うこと。 子どもとゆとりを持って関われるようにすること。
●文部科学省の調査を行う。 早期発見早期対応をする。 教員の加配などしているが、 子ども理解は教員の責任である。
 高校の教職員の充足率が全国でも最低レベルの岐阜県であるが、 県教委は非常勤を捨て駒にして対応しているに過ぎない。 正規採用は計画的に行っていると言うが、 その計画も明らかでなく、 永久に非常勤職員を大量に使い続けるつもりなのだろうか。
 未履修問題も、 責任を校長に押し付け、 進学競争を煽った県教委の責任は不問にされている。 いじめ問題も同様に、 いじめを見逃すなと教師を煽っているだけで、 いじめが起きる根本にまで対策が及んでいない。 教育現場に責任を押し付けるだけでなく、 県教委として教育条件の整備を徹底して行ってもらいたい。
スポンサーサイト
( 2006/12/18 13:40 ) Category 要求・課題 権利・賃金 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。