ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

秋の岐阜支部教研 

11/18 秋の岐阜支部教研
「教育実践の中に生きる教育基本法」 ■とき 11月18日(土)
■ところ 岐阜県勤労福祉センター 
岐阜市鶴田町3丁目7番地の11 Tel:058-245-2411
■内容
1:30~受付
2:00~2:45
◆全体会
実践報告「関東大震災と大川常吉」(島小 河田秀明)
3:00~4:30
◆分科会
小・中学校と高校の分科会に分かれての実践交流
@「原則として、全員レポート」というスタイルで、実践交流をしたいと思います。

 教育基本法を守る闘いが正念場を迎えようとしています。これは、私たちの日々の教育実践の自由を守る闘いでもあります。現行の教育基本法が、国民の教育の権利を保障しているのに対して、改正案は、国家が一方的に教育の目標・内容を決定し、それを国民に強要しようとするものです。
私たちは、現在の教育基本法が掲げる教育の目的「平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛する国民の育成」をもとに実践を積み上げてきました。それは同時に、子どもや父母が何を求めているのか、子どもや父母に寄り添い、その願いの実現を図ろうとすることでもありました。そこでは、教師の創意工夫が生かされ、さまざまな豊かな実践が生み出されてきました。教育基本法の闘いが正念場を迎えている時だからこそ、今私たちが実践しているものを持ち寄り、交流することが必要なのではないでしょうか。教育基本法は、条文の文字の中で生きているのではなく、教育実践の中にこそ生きているのだから。
スポンサーサイト
( 2006/10/31 15:09 ) Category イベント・行事 支部 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。