ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ほんりゅう 『夢想家』であること - 村上 

 ジョン・レノンの『イマジン』に次の一節がある。"You may say I'm a dreamer"(君は僕のことを夢想家というかもしれない)▼「夢を見ることを恐れてはなりません。われわれは力強い足取りで前に進んでいく『非現実的な夢想家』でなくてはならないのです」村上春樹氏はカタルーニャ国際賞の受賞式でおこなったスピーチをこう締めくくった。村上氏は、原発に疑問を呈する人々は、推進する人々から『非現実的な夢想家』というレッテルが貼られてきたが、地獄のふたを開けてしまったかのような原発こそが「現実」なのではないかと強調した。▼国内マスコミ各社の世論調査では、原発廃止・縮小を求める声が過半数を超えた。イタリアの国民投票では、「原発NO」が圧倒的多数を占めた。イタリアにとって、電力供給の他国への依存は克服しなければならない課題であるが、こうした動きもまさに「現実」なのだ。▼日本の某政党の幹事長は、イタリアの国民投票の結果を「集団ヒステリー」と評した。もちろん、これは日本国内で起きている変化を意識してのことである。国民の切実な思いに寄りそうことができない政治家たちが、原発を推進してきた。「原発をやめたら、電力はどうするんだ」という脅しに対して、私たちは『夢想家』として、叡智を結集することが求められている。▼『イマジン』の歌詞はこう続く。" But I'm not the only one"(でも僕はたったひとりじゃないんだよ)
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。