ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

核兵器をもてあそぶな! 

 北朝鮮の核実験に対し、 中川昭一政調会長・麻生外相が、 「日本も核兵器を所有することを論議する」 という発言を行っています。 この発言は、 北朝鮮の核実験に過剰反応して口が滑ったというのではなく、 確信犯としての発言です。
 麻生外相は、 北朝鮮のミサイル発射実験のときも日本の防衛論議に弾みを付けてくれたと感謝しているのです。 北朝鮮の軍事的脅威を口実にして、 核兵器を持とうと考えることは、 それを使って核戦争も辞さないという恐ろしい考えです。
 そもそも 「非核三原則」 が日本外交の国是となったのは、 佐藤栄作首相のときでした。 沖縄返還に伴って、 米軍の核兵器がそのまま日本に持ち込まれることが懸念されたので、 佐藤首相が国民に 「核兵器を持たず、 作らず、 持ち込ませず」 という原則を約束したのです。 これは、 歴代の自民党政権でも引き継がれ、 日本が核武装しないという世界へのアピールでもあり、 佐藤首相がノーベル平和賞をもらう根拠ともなったのです。
 北朝鮮は、 アメリカの核の威嚇に対抗するといって核兵器を持とうとしていますが、 北朝鮮が核兵器を持ったら、 日本も持つことを考えるというのは、 余りにも前近代的な考えです。 軍事力によってしか平和を維持できないという考えは、 前世紀に破綻しているのです。 北朝鮮の核武装も前世紀の考えであり、 それに乗って日本も核武装をすることは北朝鮮と同じ考えだということです。
 麻生外相、 中川政調会長には、 平和のために努力してきた日本の歴史が全然見えていません。 だから、 平気で核兵器を所有しようなどと発言するのです。 安倍首相も非核三原則を守ると公言した以上、 内閣の方針に反する閣僚を罷免するぐらいの気概を見せて欲しいものです。 それが出来なければ、 国民の審判で国会議員を辞めてもらうしかありません。 (魚次)
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。