ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ほんりゅう】岩佐 

◆「地震」が起こったとき、東京で会議中だった。長く強い揺れがいつまでたってもおさまらず、机の下にもぐり込んだ。しばらくして再び強い揺れ、さらに何度もの余震。その後ずっと体は揺れを感じたままで気持ちが悪くなった。
◆夕刻にコンビニへ食料を買いに出ようと思ったが、「コンビニにはもう商品はないよ。商品はないけど、食料を求めてたくさんの人がコンビニの中で列を作っているよ」と教えられあきらめた。
◆状況が落ち着いて、夜にはホテルの部屋に入ることができた。ほんとうにホッとした。「東京で多くの帰宅難民が出る」と報道するTVをホテルで見ている自分を申し訳なく思ったくらいだ。
◆翌日、少々新幹線が混雑しただけで、岐阜へは遅れもなく帰って来ることができた。ただ、東京で感じた切迫感はしばらく残ったままだった。
◆その後、時とともに明らかになっていく震災のすさまじさには、なんと言ってよいのか、言葉が見つからない。ただ、地震や津波による被害だけではなく、原子力発電所で炉心が溶融する事態になっていることには強い不安と恐怖を覚える。
◆今できることは限られているだろう。しかし、私たち教師がこの未曾有の事態の中でどのようなことができるのか考えていきたい。
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。