ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ほんりゅう 公務員の賃金カット - 三浦 

 先日、町内会の会合に久しぶりに出席した。私の職業を知っている人が「公務員はいいねえ、安定していて」と言うのに対し私は、最近は給与カットで収入は減る一方だと説明したが『それでも公務員はいいよ』という感じで聞いていた。不況の時は『公務員はいい』という先入観があるのか。▼隣の愛知県の知事、市長選では大幅減税を掲げた河村、大村コンビが圧勝した。名古屋市議団は報酬を半額の800万にすることにやむなく同意するとか。この流れで進むと、名古屋市の公務員は09年から既に5%前後の賃金カットを強いられているが、減税の財源としてさらなる大幅カットが懸念される。市会議員とは違い、公務員はそれだけが収入源という人がほとんどなのに。▼ご存知のように、私たちの岐阜県でも一昨年から始まった賃金カットを来年度も続行しようとしている。昨年の人事院勧告による一時金0・2ヶ月減等と合わせると今年度とほぼ同額のカットとなる。▼公務員以外の岐阜県民はどれだけそのことを知っているのだろうか、あるいは知っていても公務員からカットするならいいと思っているのか。愛知県の選挙結果は、減税のためには市議や公務員の給与カットは当たり前だということだろうか。▼国や県の財政が何故赤字に転換し、今後どのようにしていくべきか。これは国民、あるいは県民皆で考える問題だろう。失政のつけをある職業の者に押しつければいいというものではないことを、広く訴えていくことが必要だ。
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。