ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

3/20養護教員部総会&講演会 

○とき 2012年3月20日(火)
○ところ 可茂教育会館

講師に野井真吾先生(埼玉大学教育学部准教授)をお迎えします。
野井先生は、長年、子どもの「からだ」にこだわった研究活動を行っています。私たちが現場で感じる、子どものからだのおかしさ(低体温、体力低下、アトピーなど)についてお話を聴く機会にしたいと思います。
スポンサーサイト
( 2012/01/10 14:21 ) Category 専門部 養護教員部 | TB(0) | CM(0)

2/19養護教諭による養護教諭のためのお気軽学習会 

みなさんこんにちは。平成24年もよろしくお願いいたします。
風邪やインフルエンザの子どもたちへの対応、迫る年度末・・・と、気忙しい毎日かと思いますが、今年度3回目の学習会です。 校種、経験年数は問いません。みなさんの参加をお待ちしています。

○とき 2012年2月19日(日)13:30~16:00
途中からの参加でも大丈夫です。
○ところ 各務原市陵南福祉センター 研修室A
各務原市鵜沼朝日町2-384-1
○参加費 無料

○内容
・「異動の極意」
 教員として勤務していれば、避けては通れない異動。特に養護教諭は、新年度からのスムーズな健康診断を迎えるため、引き継ぎはとても重要です。
 先輩養護教諭から引き継ぎのポイントを聞き、また異動で困ったことなどを交流しましょう!

・「子どもや保健室の様子」
 校種の違いを越えて、養教同士の交流をしましょう。

○申し込み先
 参加される方のお名前、勤務校、連絡先を下記までお知らせください。なお、準備の関係上、2月15日(水)までにお願いします。(飛び入り参加も可能です)

宗石麻実(むねいしあさみ)
・自 宅:058-385-4640(21時までにお願いします)
・勤務先:県立岐阜各務野高等学校  TEL 058-370-4001
メール送信フォーム

岐阜県教職員組合 養護教員部
( 2012/01/10 14:20 ) Category 専門部 養護教員部 | TB(0) | CM(0)

全教 mail news 2011年度 NO.92       発行:全日本教職員組合 

2012.01.06
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  全教 mail news 2011年度 NO.92       発行:全日本教職員組合
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
================================================================
なくそう子どもの貧困!実現しよう30人学級!教育政策の転換を!
================================================================

◆ラインナップ◆

【談話】2011/12/27
文科省は教職員を病気休職に追い込まない施策こそすすめるべき

================================================================
( 2012/01/06 16:45 ) Category 共闘 全教・日高教 | TB(0) | CM(0)

【ほんりゅう】命を守るために - 村上 

 あの日、3月11日を契機として、私たちは人の命の重みについて深く考えるようになった。かけがえのない多くの命を、本当に救うことはできなかったのか。そんな思いが幾度となくよぎる。
 命を奪い、脅かすものは、もちろん災害だけではない。
 次の詩は、小学校1年生の時に父親を過労自殺で亡くしたマー君が書いたものである。これほどまでに辛い「夢」を私は知らない。

 「ぼくの夢」
 大きくなったら
 ぼくは博士になりたい
 そしてドラえもんに出てくるような
 タイムマシーンをつくる 
 ぼくはタイムマシーンにのって
 お父さんの死んでしまう 
 まえの日に行く
 そして「仕事に行ったらあかん」ていうんや

 7年前、新採1年目の9月に自ら命を絶った木村百合子さん。彼女の死が公務災害かどうかを争う裁判の判決が、先ごろ静岡地裁であった。判決では、担任していた学級の困難さと新人教師に対する職場や教育委員会の木村さんに対する支援の弱さ、さらには労働条件の過酷さをその要因として認めた。被告の公務災害基金が、控訴を断念することを切に願う。
 これらは他人ごとではない。私たちが生きているこの社会で現実に起きていることなのだ。「命を守るためには、何をしなければならないのか」今年一年、この課題に向き合っていこうと思う。
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。