ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【平和】2/11 ピーストークデー「平和のかたち」が語るもの~記念碑に学ぶ「平和」の再考~ 

ピーストークデー 2010講演会
「平和のかたち」が語るもの~記念碑に学ぶ「平和」の再考~

戦後60年以上を経て、戦争の記憶の風化の問題に関心が集まる一方で「平和」の記憶が問題にされることはない。それは「平和」とは戦後の社会で掲げられた戦争を否定し再び繰り返さないための新しい理念でのあることが自明視されているためである。
しかし、戦時下の社会でも占領下の社会でも「平和」は大きく掲げられ、日本各地で「平和」をかたちに刻んだ記念碑が制作されていた。ところが、こうした記念碑は、現在とは異なる文脈上に「平和」が記念されていたために、忘却に委ねられてしまっている。
戦後の平和教育は日本国憲法の平和主義に立脚し、これまで「平和」を「戦争」に対抗するものとしてその普遍的な価値を説いてきたが。かつて「平和」がどのように用いられ記憶されていたかについては十分に考慮されていない。
そこで、かつての「平和」の記憶を留める広島や宮崎の「平和の塔」を手がかりとしながら、「平和」の意味について再考したい。(講師の高橋先生からのメッセージ)
*2月11日という日に、高橋先生の話を聞き、「平和」について考えましょう!


○とき 2010年2月11日(木)
開場13:30
開演14:00~16:00
○ところ:ハートフルスクエアーG(JR岐阜駅東)クラフト室
○講演
「平和のかたち」が語るもの~記念碑に学ぶ「平和」の再考~
 講師:高橋健司さん(朝日大学教職課程センター准教授)

○入場無料

主催:2010年 ピーストークデー実行委員会
500-8879岐阜市徹明通7-13
岐阜県教育会館201 岐阜教組気付
058-215-7301
スポンサーサイト
( 2010/01/28 16:30 ) Category イベント・行事 その他 | TB(0) | CM(0)

【岐阜】2/14 2009年度 ぎふ教育集会「貧困社会のもとでの夢や希望とは」 

2009年度 ぎふ教育集会
「貧困社会のもとでの夢や希望とは」

授業料が払えない。給食費が納められない。修学旅行に行けない。そんな話を多くの学校で耳にします。家庭の経済力は、子ども自身に責任はありません。しかし、教育の機会均等を定めた憲法26条の規定もどこ吹く風で、こうした差別がまかり通ってきました。2009年10月20日、長妻昭厚生労働相から発表されました。国民の所得の中央値の半分に満たない世帯を「相対的貧困」と定義し、06年時点で全国の相対的貧困率は15・7%であることが明らかになりました。日本の相対的貧困率は経済協力開発機構(OECD)加盟30カ国中4番目の高さです。加えて、下位10%の国民の平均所得は日本は6000ドル(約54万円)とOECD平均(7000ドル)を下回ります。さらに、子どもの貧困率が14%、高齢者の貧困率が21%、ひとり親家庭の貧困率は59%と、すべてOECD平均を大きく上回っており、日本は今や貧困国家といっても過言ではありません。子ども手当や高校生の授業料無料などようやく重い腰を上げはじめたかに見える政府ですが、財源の面などからみて現在のところ永続的な政策とはなっていません。こんな社会で私たちは、どうやって夢や希望を持って生きていけばいいのでしょうか。


○とき 2010年2月14日(日)14:00~16:00
○ところ 北部コミュニティーセンター(岐阜市八代)058-233-2110
講師:愛知県学習協 会長 吉田 豊さん

吉田さんは元高校教師。現役時代は実践家として有名でした。
ユーモアたっぷりに、とっても元気が出るお話をして下さいます。


主催:岐阜市母親大会実行委員会・岐阜県教職員組合岐阜支部・岐阜地区労働組合総連合
連絡先:岐阜教組岐阜支部 TEL 058-215-7302
( 2010/01/28 16:26 ) Category イベント・行事 支部 | TB(0) | CM(0)

【ほんりゅう】若者を育ててくれる町工場 

◆もうひとつ前の「就職氷河期」の頃だったろうか、学校でも家庭でも人間関係に苦しみ、欠席を重ねた生徒がいた。3年生になって随分落ち着いたのだが、「さて就職先をどうしようか」となって困った。◆担任であった私も進路担当の先生と何度も相談した。あるとき、その先生が、「地元の○○という工場でよくお世話になっことがあってね。『先生、就職先の決まってない生徒いる?横着な生徒、大歓迎やよ』と言ってもらってネ。何人も面倒見てもらったんだよ」、「先生、そこイイじゃないですか!ともかく話してみましょうヨ」◆そんなことで、すんなり話が進むわけもなかったが、結局、彼は自分の高校生活での苦労もそれなりに率直に話した上で、その町工場で採用された。◆就職してからしばらくして連絡があった。「先生、社長さんが、『今の職種じゃなくて別の職種でやってみないか』と言ってくれてるんですけど…」「自分はどうなの?」「やってみたいと思うのですが」「じゃあ、決まりじゃない」◆その後、連絡はなかったが、彼は社長さんのすすめで職種をかわり、今も元気にやっているようだ。◆今年のように高校新卒者の就職内定状況が非常に厳しくなっている中で、企業(特に大企業)が雇用に対する社会的な責任を果たすよう強く求めていかねばならないが、同時に、若者が育っていけるような職場の環境を作ることも企業の社会的責任として求めていくことが大切だと思う。(岩佐)

【西濃】2/11 第17回西濃子どもと教育フェスティバル 

第17回西濃子どもと教育フェスティバル

○とき 2010年2月11日10時~
○会場 大垣市青年の家
○参加費 500円

座談会「子ども達につけたい力」「今、親子で話せていますか」など。講演「寄り道しても大丈夫!明日に生きる子ども達を信じて」土佐いく子さん。他に子どもコーナーもあります。
( 2010/01/12 12:27 ) Category イベント・行事 支部 | TB(0) | CM(0)

【青年部】2/6-2/7学習会 TANE!~まなびの種、つながりの芽、希望の花~ 

TANE!~まなびの種、つながりの芽、希望の花~
学習交流集会
TANE!~まなびの種、つながりの芽、希望の花~

○とき 2010年2月6日(土)13:00~7日(日)12:00
○会場 伊豆長岡温泉 サンバレー富士見

岐阜教組青年部で、バスを出します!みんなで参加しましょう!
参加費も格安ですよ!申込みをお待ちしています!

○参加費(バス代込)
★組合員 3000円(3年目までと講師は無料!)
★組合員以外 8000円(講師は6000円)
○バスの予定
7:00(大垣)~7:30(岐阜)~8:45(多治見駅)

( 2010/01/12 12:18 ) Category 専門部 青年部 | TB(0) | CM(0)

【中濃】1/30冬の支部教研 ~今、虐待を考える~貧困と差別の中で 

中濃支部 冬の支部教研
~今、虐待を考える~貧困と差別の中で

○とき 2010年1月30日(土)13時30分~15時30分
○会場 ワークプラザ関(2階大会議室)

講師 石田公一さん(岐阜県中央子どもセンター所長)

★子どもセンターってどんな仕事をしているの?
★どうして、あの子はここの施設に入れられているの?
★あの子はここに来る前は、どこでどんな生活をしていたの?

○連絡先 関市ワークプラザ 0575-22-2216
( 2010/01/12 11:52 ) Category イベント・行事 支部 | TB(0) | CM(0)

【飛騨】2/14 教育講演会「がちゃがちゃクラスをがらっと変える」 

教育講演会
「がちゃがちゃクラスをがらっと変える」

○とき 2010年2月14日(土)10時~12時
○会場 丹生川文化ホール

講師 篠崎純子さん

1951年山梨生まれ。神奈川県の公立小学校教師になり、様々な発達障害を抱える子どもたちと向き合う中で生活指導サークルと出会う。現在、全国生活指導研究協議会常任委員。
著書「班からはみ出す子の指導」(共著・明治図書)、「荒れる小学生をどうするか」(共著・大月書店)、「子ども集団作り入門」(共著・明治図書)、「教師を拒否する子、友達と遊べない子」(共著・農文研) 他



○主催 「第42回 ひだの教育と子どもを語る集い」実行委員会
○後援 高山市教育委員会
○事務局 飛騨地区教職員組合連絡会(飛教連)
高山市下切町1160 高山市教育会館(0577-32-1150)
( 2010/01/12 11:45 ) Category イベント・行事 支部 | TB(0) | CM(0)

【飛騨】2/6 HRづくり実践講座~あの先生のクラスってどうしていつもうまくいく!?~ 

HRづくり実践講座
~あの先生のクラスってどうしていつもうまくいく!?~

小学校から高校まで、クラス担任はやりがいと同時に苦労のつきないものです。今回の講座では「担任業をどう楽しむか」をテーマにSHRやLHRの実践例の紹介などだれでも楽しくできるHR作りのコツを伝授してもらいます。
これから担任を持つ若い先生から、マンネリ化を打破したいベテラン教師まで、様々な方の参加をお待ちしています。


○とき 2010年2月6日(土)14時~
○会場 高山市総合福祉センター(ポッポ公園隣)

講師 佐藤公一先生(豊橋西高校)

生活指導実践交流会の中心メンバーとして、生徒指導やHR運営の実践交流を行い、その中で得られたノウハウを「ホームルーム作り入門」などの著書を通じて、誰でも楽しくできるHRづくりの実践例として紹介。現在は「愛知の高校教育」編集長。

( 2010/01/12 11:39 ) Category イベント・行事 支部 | TB(0) | CM(0)

【全教・談話】2010年度の「全国一斉学力テスト」に関する実施要領の公表について 

全教より談話「2010年度の「全国一斉学力テスト」に関する実施要領の公表について」が発表されていますので紹介します。
( 2010/01/08 20:33 ) Category 共闘 全教・日高教 | TB(0) | CM(0)

【全教中執・声明】2010年度文部科学省予算案の閣議決定にあたって 

全教中執より声明「2010年度文部科学省予算案の閣議決定にあたって」が発表されていますので紹介します。
( 2010/01/08 14:38 ) Category 共闘 全教・日高教 | TB(0) | CM(0)

【ほんりゅう】I Have  a Dream 

 「初夢は正夢」という。富士も鷹もなすびも夢の中に登場しなかったせいなのか、私にはそうした経験は全くない。
 ところで、「夢」と聞いて、私が真っ先に思い浮かぶのがキング牧師だ。“I Have a Dream(私には夢がある)”とは、1963年8月の「ワシントン大行進」における有名なスピーチである。“…いつの日か、幼い黒人の少年・少女たちが、幼い白人の少年・少女たちと手をつなぎ、兄弟姉妹として歩けるようになるであろう”キング牧師は志半ばで倒れたが、その遺志は脈々と受け継がれている。
 2009年は、「核兵器のない世界」に向けて大きな一歩を踏み出した。4月のオバマ演説に始まり、7月にはラクイラ・サミットのG8首脳宣言、そして9月のアジア政党国際会議のアスタナ宣言にも「核兵器のない世界を目標とすべきだ」という文言が盛り込まれた。今年の5月にはニューヨークでNPT(核不拡散条約)再検討会議が開催される。ごく最近まで「夢」と思われてきたことが、「正夢」になろうとしている。国内に目を移せば、私たちが「ゆきとどいた教育の実現を」と、求めてきた「高校授業料無償化」が今年度から実施される見込みだ。
 世界の情勢はもちろん、政権が交代した日本も不確実・不透明な要素は相変わらず多い。しかし、願いを夢のまま終わらせるのではなく、実現できる時代となってきていることは間違いない。2010年はたくさんの「正夢」を実感したいと思う。

岐阜県教職員組合執行委員長 村上達也
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。