ぎふきょうそブログ小屋

岐阜県教職員組合のブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【交渉】11/12臨時教職員対策部 

臨時教職員の職務内容は減じられないが配慮される!?
201012臨対部グラフ

【臨対部】正規教職員と同等の勤務をしている臨時教職員には教諭・養護教諭辞令の発令を

 岐阜県では「講師」という職名が臨時教員の代名詞のように使われています。ときには養護助教諭も「講師の先生」と呼ばれたりします。しかし本来、「講師」は教諭に準ずる職務に従事する職員の職名です。任用期間が定められているから「講師」というわけではありません。同様に「養護助教諭」は養護教諭の職務を助けるのが職務です。愛知では5年以上の経験年数があれば任用は臨時であっても教諭になり、給料は2級になります。(グラフ参照)

スポンサーサイト
( 2010/12/13 15:29 ) Category 専門部 臨時教職員対策部 | TB(0) | CM(0)

【臨対部】2011.1/15-16「近畿・中部臨時教職員交流のつどい」について 

昨年度、長野で開催された「近畿・中部臨時教職員交流のつどい」が,今年度は大阪で開催されます。これは、臨時教職員の要求や悩みを自由に語り合う中で教職員としての誇りや希望を新たにするとともに、臨時教職員制度の問題について学び,制度改善に向けた方向を明らかにしていくものです。

■日程 2011年1月15日(土)~16日(日)
■会場
 1月15日(土)ホテル第一堺
 1月16日(日)堺教組 会館

 申込は現地実行委員会に直接申し込んでも結構ですが、11月19日までに岐阜教組に連絡して頂ければ一括して申し込みます。

詳しい要項はこちら(PDFダウンロード)
( 2010/11/04 09:50 ) Category 専門部 臨時教職員対策部 | TB(0) | CM(0)

【臨対部】全国臨時教職員問題学習交流集会(全臨教集会)に参加して 

 今年の全臨教集会は宮城・仙台で、8月15日から17日までの3日間の日程で行われ、全国28都道府県から203名の参加者で会場はいっぱいになりました。岐阜からは4名の参加で、片道700kmの行程を自動車で往復しました。
 集会の2日目は6つの分科会に分かれ、岐阜からは第1、2、4分科会に参加しました。

第1分科会 教員採用制度の改善と補充教員制度の確立
第2分科会 臨時教職員の労働条件改善と任用継続の取り組み
第3分科会 教職員組合・市民団体などの取り組み
第4分科会 臨時教職員の仲間づくりとサークル活動
第5分科会 私学の講師問題
第6分科会 臨時教職員の生き方と実践


ここでは、第4分科会に参加した臨時教員のレポートを紹介します。
( 2010/08/30 11:51 ) Category 専門部 臨時教職員対策部 | TB(0) | CM(0)

【臨対部】教員採用選考試験 1次選考情報 

7月21日に第1次選考が行われました。今年度の試験会場は伊奈波中,県立岐阜商業,岐阜北高校と3校が横並びであったため,試験当日は大変混み合いました。
 今年度は会場案内日程表に「クールビズで行います」の断りがあり,遠慮なく上着等をとることができました。最近では学校現場における研修でも「ノーネクタイで」という断りが事前に文書で伝えられるようになりつつあります。来年度は要項にも明記してほしいと思います。
今回は,これまでに届いている集団面接試験の内容をお知らせします。
( 2010/07/29 14:07 ) Category 専門部 臨時教職員対策部 | TB(0) | CM(1)

【臨対部】クレスコ8月号は臨時教職員の特集 

201008クレスコ クレスコ編集委員会・全日本教職員組合が編集する月刊誌「クレスコ」の8月号は臨時教職員の特集です。全国的に増え続ける臨時教職員の現状や臨時教職員制度の問題,全国の取り組みなどを紹介しています。臨時教職員はもとより,学校に勤務する全ての教職員,教員を志す方,保護者の方々など誰もが是非読んで頂きたい1冊です。
 購入は,クレスコ編集委員会から直接取り寄せるか,岐阜県教職員組合までご連絡ください。

バックナンバー

詳細は以下をご覧下さい。
( 2010/07/27 17:40 ) Category 専門部 臨時教職員対策部 | TB(0) | CM(0)

【臨対部】教員採用試験の日が授業日! 

県教育委員会は7月8日に「平成22年度夏季休業(終業式・始業式等)の予定」をホームページ上に発表しました。これによると,高等学校(全日制)63校のうち56校と,特別支援学校18校のうち8校が,7月21日の教員採用試験当日が授業日または終業式であることが分かりました。
 教員採用試験の日程については,以前から中学校の部活動の大会日程との重なりが問題になっていました。中学校に勤務する臨時教員の場合,通常は何かの部活動の顧問を担当します。夏の大会は中学3年生にとって最後の大会であり,年間を通じて部活動の集大成となるものです。「先生,どうして来れないのですか」という素朴な質問の返答に詰まったという話や,主顧問として指導にあたってきた中で受験自体を断念したという話もききます。
 それが今年は授業日と重なるということで,その影響の大きさが危惧されます。とりわけ特別支援学校の場合は,全教員のうち臨時教員のしめる割合が3~4割と高くなっています。当日の子どもたちの安全と学校運営を考え,保護者の了解を得て,終業式を早めに変更した特別支援学校もありました。
 今年度,このような事態になったことについて,県教委は「7月21日の日程は東海三県(愛知・岐阜・三重,名古屋市)で統一しているため」と説明し,「万一,受験のための年休が認められないようであれば連絡を」と話しています。
 今回の日程について,困ったこと等がありましたら岐阜県教職員組合までご連絡ください。

■「平成22年度夏季休業(終業式・始業式等)の予定」岐阜県教育委員会
 http://www.pref.gifu.lg.jp/contents/news/release/H22/z00000489/files/0707kakkikyuugyou.pdf
( 2010/07/12 09:18 ) Category 専門部 臨時教職員対策部 | TB(0) | CM(0)

【臨対部】8/15-17全国臨時教職員問題学習交流集会 

 全国の臨時教職員の叫びと連帯そして運動交流の場「全国臨時教職員問題学習交流集会」が宮城を会場に開催されます。宮城集会のテーマは「『教育に臨時はない』~ つながろう ゆきとどいた教育の実現と働くルールの確立を求めて ~」です。不安定雇用、人権無視の雇用・労働条件が日本全体をおおっています。この閉塞状況に風穴を開けるべく、風光明媚な宮城の地に集い、語り、交流し、手をむすび合うことを呼びかけます。(主催者挨拶より)
 昨年の青森集会は,岐阜県から4名(正規教員1名,臨時教員3名)参加しました。この集会は,臨時教職員制度の問題を学ぶだけではなく,孤立しがちな臨時教職員どうしのつながりを築き,教職員としての情熱を確かめられる会です。みんなで参加しましょう。

詳細は以下から
( 2010/06/28 09:00 ) Category 専門部 臨時教職員対策部 | TB(0) | CM(0)

【臨対部】臨時教員の期末・勤勉手当 

3月31日が1日切れただけで6月のボーナスが約5万8千円も減額されることをご存じですか。

 一般にボーナスといわれる手当は、公務員の場合には期末手当と勤勉手当の合計にあたります。その支給割合は、任用に切れ目のない正規教員の場合は6月期が1.95月、12月期が2.2月で、年間4.15月になります。しかし、任用切れのある臨時教員の場合は、これよりも少ない額になります。今回は臨時教員の期末・勤勉手当の計算の仕方を紹介します。なお、非常勤講師には期末・勤勉手当はありません。(期末・勤勉手当の支給割合は昨年度から0.35月減額されました)
( 2010/06/21 10:37 ) Category 専門部 臨時教職員対策部 | TB(0) | CM(0)

【臨対部】特任講師制度を考える 

 特任講師制度がスタートして今年で4回目の教員採用選考試験になりました。要項によれば、今回の特任講師の採用予定数は約100名です。この制度について受験者からは「採用試験が不合格であっても特任講師の道もある」という肯定的な声も聞かれます。今回はそんな岐阜県特有の特任講師制度について考えてみます。
( 2010/06/08 09:00 ) Category 専門部 臨時教職員対策部 | TB(0) | CM(0)

【臨対部】公正な教員採用選考試験の実施を 


 今年実施される教員採用選考試験の「選考の概要」(以下「概要」と記す)が発表されました。その内容を見ると、試験の「公正さ」を強調するためか、今回も前回と同様に評価を点数化した採用試験の概要が明らかになっています。

◎ 試験内容の変更点
 この「概要」からわかる今年度からの変更点は次の通りです。(一部既報)
■ 小・中学校教諭、養護教諭、栄養教諭
 ○ 前年度1次試験合格者に対する1次の筆記試験の免除制度の導入(小・中教諭のみ
 ○ 前年度からの常勤講師に対する筆記試験における論文への代替制度の導入(小・中教諭のみ
 ○ 1次試験における筆記(論文)と面接の配点割合を6:4に変更(前年度は5:5)
■ 高等学校、特別支援学校教諭
 ○ 前年度1次試験合格者に対する1次の筆記試験の免除制度の導入
 ○ 前年度からの常勤講師に対する1次の筆記試験における一般教養・教職教養の問題の免除制度の導入
 ○ 2次試験で記述式の専門教養試験(60分)を新規実施(高等学校教諭で下記の教科)
    国語、地理歴史、数学、理科(物理)、理科(化学)、理科(生物)
( 2010/05/24 09:19 ) Category 専門部 臨時教職員対策部 | TB(0) | CM(0)
ホームページ
■岐阜教組のホームページはこちらです。 http://www.gifukyoso.org
カテゴリー
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。